改訂版 つなぎ折鶴の世界―連鶴の古典『秘伝千羽鶴折形』 (岡村昌夫著)

現代の「千羽鶴」は、糸でつないで、千の数にこだわって作りますが、もとは数が多いというだけの意味でした。糸でつなぐのではなくて、正方形の紙を切るときに一部を切り残しておいて複数の折鶴を作るという「つなぎ折り」で作られていました。200年以上も前に、そのつなぎ方の工夫に熱中した人がいました。桑名の長延寺住職、義道(号は魯縞庵)というお坊さんでした。そのあまりにも見事な作品群に感動して作られた本が、1797年に京都で出版された、世界最古の遊戯折紙の本『秘伝千羽鶴折形』です。
※日本折紙協会認定資格「折紙講師」の推薦図書です

2,057円

注文数:

カートの中身

カートに商品は入っていません

商品検索